猫(アレルギー性皮膚炎)原因と症状

ほんとはどうなの?猫のアレルギー性皮膚炎の原因と症状

猫のアレルギー性皮膚炎はアレルギーの原因になっているアレルゲンに触れたり、何らかの形で接種したり、寄生したり、空気から吸引してしまったりして過剰に反応することで引き起こされてしまう皮膚の病気です。
一番多いのはアレルギー性皮膚炎の中でも食べ物から摂取するアレルギーがとくに多いといわれています。
その次に多いとされているのはダニやノミなどのアレルギーです。

他にも猫のアレルギー性皮膚炎は、吸引性アレルギーや接触性のアレルギーもありますから、猫にとってはアレルギーというのは様々なところにあり、いつでも触れることができる環境の中で生活しているということになります。

アレルギーの症状が発症すればどうなるのかというと、体にかゆみが出てきたり、場合によっては湿疹ができてしまうこともあります。
猫によってはその部分が一部脱毛したりして毛が生えてこなくなります。
猫は患部のかゆみが我慢できずに掻いてしまったり、噛んだりしますから、その部分が更に症状が悪化してしまったり、他の感染症を引き起こすこともありますから、猫のアレルギー性皮膚炎の症状かもしれないと思ったら、早めに発見して治療を早めに行なうことが重要です。
命にはかかわりませんが見た目にひどくなりがちです。