猫(日光過敏症)原因と症状

ほんとはどうなの?猫の日光過敏症の原因と症状

猫の日光過敏症は強い日差しに慢性的に曝露していることが原因で起きる皮膚の病気です。
症状は悪化していくことが多く、初期の症状では、色素沈着がされていない白い色で、体の毛の薄い部分にできます。
白い色をしているか毛の色がとても薄い猫に発症しやすい病気です。
遺伝も関係ある病気ですが、日光の中に含まれている紫外線が原因になっています。
毛の色が薄い猫が紫外線を浴びると、紫外線から皮膚を守るメラニンがあまり作られないので、紫外線に対しての抵抗力が低いので、病気にかかるといわれているのです。

夏場になると紫外線がとくに強くなりますから、かなり症状画強く現れることもあります。
特に猫の体の部分の耳の先の皮膚の症状が出ることが多く、皮膚がまずは赤くなります。
そして皮膚が腫れてきたり、その部分が脱毛したりかさぶたができたようになります。

口唇にできる猫もいて皮膚が赤くなったりしますがただれて出血することもあります。
6歳を過ぎた猫の場合には、にっこうかびんしょうから扁平上皮癌になることもあります。
頭部の毛が抜け落ちて、抜けた皮膚はただれてしまい腫瘍ができるのです。
頭部や耳、目の周りや口の周りなど粘膜の薄い部分の毛が抜けてしまって、赤い斑点もできることがあります。