猫(クッシング症候群)原因と症状

ほんとはどうなの?猫のクッシング症候群の原因と症状

猫のクッシング症候群は副腎皮質機能亢進症とも言われている病気です。
これは副腎の働きが正常に働かなくなり異常に活発になります。
副腎皮質ホルモンが過剰に分泌してしまうことが原因で起きるといわれています。
皮膚病でステロイドを毎日飲んでいる猫などはとても発症率が高いといわれています。
もし猫がステロイドを毎日長期間飲み続けているという場合には注意が必要です。

尿を頻繁に出したり、食べ物を沢山食べる、異常な量を食べるようになる、毛が抜けてしまって抜け毛が増えている、皮膚が薄くて弱くなっている、皮膚の感染症が起きているなど、こうした症状が主な症状ですからしっかりと見ておいて挙げましょう。
様々な症状が現れてきますが、お腹の部分が膨張して、お腹の周りの筋肉が落ちている症状もあります。
そうなると外から見た見た目は太鼓腹のような感じに見えるのも猫のクッシング症候群の特徴の一つです。

特にステロイドを何らかの病気の治療として毎日服用している猫なら発症しやすい病気ですから、すぐに飼い主も気が付くでしょう。
また主治医もステロイドを処方していることにより、これらの症状が現れればすぐに、クッシング症候群であると気が付くでしょう。