猫(アレルギー性気管支炎)原因と症状

ほんとはどうなの?猫のアレルギー性気管支炎の原因と症状

ネコのアレルギー性気管支炎は原因が色々とあります。
アレルギーが原因になって起きるアレルゲンに既成しているものもあれば、接触したり、摂取したり、吸引によって過剰にアレルギー反応を越していることもあります。

気管支の病気ではありますが皮膚病に入ります。
一番多いアレルギー性皮膚炎というのは食べ物のアレルギーが多いのでエサや食べ物には注意が必要です。
次にアレルギーの原因として多いとされているのは、ダニ、ノミといわれています。

これらによって気管支炎が引き起こされているのです。それ以外の原因は吸引性アレルギーと接触性アレルギーに分けることが出来ます。

アレルギー性気管支炎というのは簡単に言ってみれば人間で言うところの喘息です。
人間も喘息が悪化すれば死に至ることもあるとされていますが、それと同様に人間の喘息も最悪のケースでは命にもかかわると言う危険性があるので注意しましょう。
特に季節としては冬に発作がおきやすく、アレルギーの原因になっている物質を吸うことで、気管支が収縮して、咳が出たり、呼吸困難になったりします。

アレルギーの原因物質であるアレルゲンは、埃などのハウスダスト、カビや花粉、食べ物や薬、喫煙時のタバコなどが上げられます。
少し荒い呼吸をし始めて、おかしいと思ったら病院へ連れて行きましょう。
咳が出始める場合もあれば、チアノーゼが出てしまうものまでありますので、気をつけてあげましょう。