猫(ツメダニ)原因と症状

ほんとはどうなの?猫のツメダニの原因と症状

猫のツメダニは大量のフケが出るのが大きな特徴です。
しかしそれほどかゆみは感じないのです。
ツメダニになるとツメダニの寄生している部分は大量のフケが出るようになります。
それだけ出なく湿疹やかさぶたも出来てしまいます。

脱毛すると言う場合もあります。頭や背中を中心にして現れるのですが、大人の猫の場合には症状がない場合もあります。
ツメダニになっている猫自信はあまり強いという自覚はないのですが、人間がツメダニに指されてしまうととても強いかゆみ、痛みがあるので注意しましょう。

ツメダニの原因は猫にツメダニが寄生して発症しますが、ツメダニの寄生は感染動物と直接接触したり、ノミ、シラミ、ハエといったそのほかの外部寄生虫、靴、シーツなどを介して接触をする事で発症するといわれています。

ツメダニはとても小さくて頭部に巨大な爪のある触肢があるのが特徴です。
猫の頭をにフケが大量に出始めれば気が付くと思いますし、そのフケをよく見てみると動いているように見えた場合にはそれがツメダニです。
人間が刺されるととても厄介ですから、早めに対処するようにしなければいけません。
猫にはそれほど被害は小さいかもしれませんが厄介なのです。