猫(ノミアレルギー)原因と症状

ほんとはどうなの?猫のノミアレルギーの原因と症状

ここでは猫のノミアレルギー性皮膚炎について考えていきましょう。
ノミアレルギー性皮膚炎にかかると、メインとして首、背中、お尻に赤い斑点が出来るのが特徴です。
また猫の毛がどんどん抜けていきますし、猫自身も、とても皮膚がかゆいと感じるようになります。

かゆみがひどいために、患部をかなり頻繁にかいたり、舐めたりすることになりますし、場合によってはかきむしってしまいますから、出血があることもあります。
ノミアレルギー性皮膚炎の原因はのみに寄生した場合に、飲みの唾液の中に含まれているたんぱく質のアレルギー反応が起きていることになります。
アレルギー性皮膚炎のアレルゲンがノミの唾液の中に含まれるたんぱく質というわけです。

猫は主にネコノミというノミが常に寄生しています。このノミがアレルギー性皮膚炎の発症につながるかどうかは、そのネコによっても違います。
ネコの体質によっても違ってますし症状が現れた場合の程度も違っているのです。
中には、たった1匹2匹のノミが寄生していただけでも、ノミアレルギーの症状画起きてしまうケースもあり、それによって激しい皮膚炎が発症することもあるので、ネコの体質によって発症の具合などはずいぶん違ってくるのが特徴なのです。