猫(食事アレルギー)原因と症状

ほんとはどうなの?猫の食事アレルギーの原因と症状

ネコの食事性アレルギーについてここでは見ていきましょう。
アレルゲンに反応して皮膚炎が起きてしまうアレルギー性皮膚炎といっていて、その中でもアレルゲン、つまりアレルギーが起きている原因が食べ物であるという場合には食事性アレルギーと呼んでいるのです。

アレルゲンになっている食べ物のほとんどが、たんぱく質や炭水化物といわれています。
ネコは牛肉、麦、乳製品が原因の半数を占めていて、これらを食べたことでアレルギー反応を起こしていることが多いのです。
新しい食べ物を食べたことでアレルギーの症状が起きるということは人間でもよくありますが、そうではなくて、どちらかといえば、ネコの食事性アレルギーの場合には、今まで食べていたのにもかかわらず突然アレルゲンになることが多いのです。

食事を食べてから数時間もすれば皮膚の色が赤くなります。
そして皮膚の色が赤くなるだけでなく、毛が抜けてしまったり、皮膚をもっと詳しく見てみると、小さいぶつぶつしたようなものが見られるようになります。
ネコによっては皮膚の表面がポロポロと剥がれ落ちているような感じの皮膚の症状になることもあります。
食べ物アレルギーは放っておくと呼吸困難を起こすこともあるので安易に考えてはいけません。