猫(口内炎)原因と症状

ほんとはどうなの?猫の口内炎の原因と症状

ネコの口内炎ですが、人間と同じで、口内炎になったら、とてもいたいので、食べたいけど食べられないような状態が長く続くと思います。
そのため食欲は自然に低下して、体重も少しずつ減っていきます。
口内炎になったと気が付くことの一つとして、口臭が気になるようになります。
ねばねばとしている口の中の状態や血が混じっているよだれなどが出てくるようになります。

こうした異変のあるよだれが終始たれてきますから、すぐに飼い主は気が付くと思います。
よだれによって、口の周り、前足も汚れていますし、グルーミングもしなくなってきます。
口野中を確かめると粘膜や歯肉が真っ赤に腫れていて、腫瘍や出血があるでしょう。
ネコの口内炎は歯肉炎などの歯周病なども一緒に伴うこともあります。

なぜ口内炎になるのか、それはウイルス感染や口の中に出来た傷、免疫力の低下などが挙げられます。
また、ネコによっては電気コードを噛んでしまって感電したことが原因だったり、とがった物を噛んだことが原因で口の中に傷が出来ておきることもあります。
ネコはネコカリシウイルス、ネコヘルペスウイルス、ネコ白血病などの感染が原因で口内炎ができることもありますから、ネコによって原因は様々です。