猫(歯根の吸収)原因と症状

ほんとはどうなの?猫の歯根の吸収の原因と症状

ネコの歯根の吸収は歯がどんどん小さくなって、次第に顎の骨に吸収されてしまうという病気です。
この歯根の吸収の原因というのは破歯細胞と呼ばれる細胞が原因で起きています。
歯を根本から溶かしてしまうために起きてしまうのです。
今まではネコの虫歯だと思われていたのですが、ここ数年で、細胞がわかり、色々な病気として認識が高まってきました。
あまり知られていない病気かもしれませんが、実は日本では実に全体の半数以上のネコが、今のこの病気を患っていて、歯を1本から吸う本は失っている可能性が高いのです。

見た目にはどんな症状があるのかというと、とにかくネコのよだれが多いのが特徴です。
よだれが出て、出血をする事もあります。
そして歯に触るととても嫌がるので、ネコの歯には特に注意して観察しておいたほうがいいでしょう。
歯肉炎のような口の中の病気も併発していることもあります。

あまりネコの病気の中でも聞きなれないことかもしれませんが、意外と発症率は高い病気です。
ですから歯のチェックを欠かさないことや、病院での定期健診を欠かさないことなどを注意してネコの歯のこの病気を予防していくようにしましょう。
ネコの歯磨きをした際に常にチェックしておきましょう。