猫(歯周病)原因と症状

ほんとはどうなの?猫の歯周病の原因と症状

ネコの歯周病は歯茎から出血したり、口臭がするといった特徴があります。もともとは歯肉炎から始まることが多いのですが、進行して歯肉が赤くはれ上がって、硬い物を噛んだり、おもちゃなどでじゃれていると、歯茎から出血してしまいます。
口臭がきになるようになりますが、歯肉炎は歯はまだまだしっかりとしているので、ぐらぐらしたりすることはありません。

歯肉炎が更に悪化して、歯周炎になってしまうと、更に口臭も強くなります。
ちょっとしたことでも、歯茎から出血してしまうようになります。
放っておくと、歯周ポケットはかなり深くなります。
歯周ポケットというのは炎症で健康な歯肉が歯からはがれて歯茎と歯茎の間に溝ができることをいいますが、これが深くなって、歯周組織がどんどん壊死していきます。

そして最終的には歯茎はぐらぐらになって抜けてしまいます。
歯周病の原因ですが、それは歯垢の中に細菌がいたり、歯周ポケットの中に細菌がいることが原因です。
細菌や細菌が出している毒素などによって炎症は発症します。
この歯垢をそのままにしておくと、石灰化してしまって、それは次第に歯石になります。
歯石になるとその部分にまた歯垢が付きやすくなって悪循環を繰り返して細菌はどんどん増えて歯肉以外にも炎症が広がって、悪化するので注意しましょう。

ネコの口の中をこまめにチェックしたり口臭には気をつけてあげて、早めに対処しなければいけません。
悪化すれば歯が抜け落ちてしまうでしょう。