猫(中耳炎)原因と症状

ほんとはどうなの?猫の中耳炎の原因と症状

ネコの中耳炎は外耳炎の次のよく発症する確率が高い病気です。
外耳炎と同じような症状が見られますし、頭を傾けたり、振ったりするような、外耳炎のときに見られるしぐさと同じしぐさをする事が多いです。
外耳炎に比べると、中耳炎はとてもかゆみより痛みのほうが強く感じますから、極端に元気がなくなってしまったり、頭を触られることに対して嫌がったりします。
ネコによっては熱を出すこともあります。

中耳炎から、中耳の奥にある内耳、その周りの組織などに炎症が広がってしまうと、まっすぐに立ってられなくなったり、まっすぐに歩くことが出来ないなどの、平衡感覚が失われてしまいますから、歩き方がおかしかったり、よろよろとよろけてしまうこともあるのです。
場合によっては、顔面神経麻痺が見られたり、目が触れていたり、ホルネル症候群が現れることがあります。
ホルネル症候群は眼球が陥没して、飛び出しているように見えたり、まぶたが垂れ下がったりする症状のことです。
これらの病気を併発することもありますから注意が必要です。

中耳炎の原因というのはほとんどが外耳炎から悪化して発症することがほとんどです。
外耳炎が悪化したり、慢性的に発症したりして、鼓膜の奥の中耳まで炎症が広がっていき、それが原因で起きてしまうのです。
咽頭にもつながっているので、咽頭炎から発症することもありますし腫瘍からの発生もあります。