猫(耳血腫)原因と症状

ほんとはどうなの?猫の耳血腫の原因と症状

猫の耳血腫についてですが、耳の中に血が混じっている液体がたまってしまって腫れます。
そして腫れている耳に触ると、感触としては少しブヨブヨとした感じがあります。
耳血腫そのものは触っても痛みを感じないのですが、それによって耳が重くなっていますから、耳を気にして後ろ足などで耳の周りをかきむしったり、頭を振ったりするといった行動が目立ってきます。

しかし原因によっては、耳血腫の出来ている前から耳がかゆいと感じていたり、頭を振っていることもあります。
耳血腫の治療や発見が遅れて、そのままにしておくと、耳の軟骨の形が変形してしまって、耳の形がいびつになりますから早めに発見しなければいけません。
なぜ耳血腫になってしまうのかその原因は耳ダニなどによって感染したことから外耳炎になって起きるといわれています。

外耳炎にともなった、かゆみ、痛みがあるために耳を仕切りにかいていたり、頭を振っていたり、家具などに耳をこすり付けたりしてしまい、それが原因で軟骨が折れて、軟骨の隙間に血が混じった液体がたまって血腫が出来るといわれています。
猫によってはケンカをしたことからできることもありますし、外傷がなくても突然できることもあり、免疫異常が関連しているのではないかとも言われています。