猫(横隔膜ヘルニア)原因と症状

ほんとはどうなの?猫の横隔膜ヘルニアの原因と症状

ネコの横隔膜ヘルニアは、意外と軽いと思われてしまい、そのまま見過ごされてしまうこともあります。
しかし横隔膜ヘルニアは放っておくと悪化することもありますから、軽い症状だからといってそのまま見過ごさないようにしましょう。猫が横隔膜ヘルニアになる原因はほとんどが事故によっておきることが多く、大きなダメージによって発症することが多いですから、結果的にはが重くなることが多いです。
ヘルニアと言うのは穴のないところが急に裂けてきて、臓器が出てきてしまうことを言いますから、怪我をした部分によってどこの臓器が出てきてしまうのかはわかります。

また見た目にも、ネコのおなかの臓器がすべて他の場所に移動してしまいますから、お腹が急にペタンコになって見えるのも特徴です。
外から触るとお腹の中に何も入っていないのがわかるのですぐに異変には気が付いてあげられると思います。
横隔膜ヘルニアは怪我などの外傷性のものと生まれつきの先天性の二つの種類があります。外傷性の場合には、怪我をしてすぐはそれほど症状画現れないのですが、場合によっては時間がたってから発症して、それに気がつかないこともあります。

場合によっては怪我をしてすぐにチアノーゼ、ショックなどが表れることもあります。
横隔膜を損傷しているほかに、怪我をしていたり骨を折っていることもあります。生まれつきの発育障害で先天性のものにかかることがあります。
症状は少しずつ現れてくるのが特徴です。