猫(耳ダニ症)原因と症状

ほんとはどうなの?猫の耳ダニ症の原因と症状

猫の耳ダニ感染症をここではみていきます。
耳ダニに感染してしまうと必然的に外耳炎にかかります。
そして外耳道は赤くなって耳垢に異常が見られるようになります。
耳垢の特徴としては、ワックスのような状態の黒っぽい耳垢です。

耳ダニに感染した場合は猫はかゆみがとても強いので、頭をずっと振っていたり、家具や物に耳をこすったりして、とにかくかゆみを押さえたいと思うようになりますから、変な動きをするようになります。

耳の後ろを足で頻繁に囲うとしたり、耳を引っかいて傷をつけることにもつながりますから、異変にはすぐに気が付くと思います。

耳ダニに感染する原因ですが、それは耳ダニというとても小さい大きさにして、0.3ミリから0.4ミリ程度の小さい白いダニが耳の外耳道に寄生してしまうことはおきてしまいます。
この耳ダニは接触感染しますから、もしお母さんの猫が感染していれば子猫にもうつります。
屋外によく出かけている猫の場合には、どこかで他の猫と触れ合ったことで感染することもありますから、注意が必要です。
もしおかしな行動を繰り返していたり、耳垢に異変を感じたら、早めに対処してあげましょう。
早期発見と治療が猫を救うことにつながるので早めに対処してあげることが大切です。