猫(鼻炎)原因と症状

ほんとはどうなの?猫の鼻炎の原因と症状

猫の鼻炎についてここでは考えていきましょう。
猫の鼻炎ですが、初期で軽度の症状の場合には鼻水がすこし水っぽい感じがしています。
またくしゃみをよくするようになります。
猫の鼻炎の症状が続いて悪化してしまえば、鼻水に膿が混じってきて、見た目にも少し粘り気があるのがわかりますし、実際には粘り気があります。
鼻呼吸がだんだん出来なくなってしまい、口をあけて呼吸をしていたり、呼吸が困難で辛そうに見えるのが特徴ですからきっと気が付くようになると思います。
鼻が詰まっている猫は、においがぜんぜんわからなくなってしまいますから、だんだん食欲がなくなってしまうのも特徴です。

食欲がなくなれば次第に元気もなくなりますし、見た目にもぐったりしてくるでしょう。
猫の鼻炎はその原因が猫の風邪から来ていることが多いです。
結膜炎になっていたり呼吸器障害を併発していることもあり、顔を見てみると目やにで汚れていたり、鼻水で汚れていることもあります。
症状が悪化すれば副鼻腔炎になることもあるのです。

原因としてはヘルペスウイルスにかかったり、猫ウイルス性気管炎、カリシウイルスなどのウイルスが原因で発症することが多いです。
ウイルス感染によって鼻炎になることが一般的です。