猫(涙目)原因と症状

ほんとはどうなの?猫の涙目の原因と症状

猫の目の病気の一つに涙目があります。
涙目というのは流涙症とも言われていますが、涙が悲しくもないのに目頭からあふれ出る症状が特徴的な病気です。
涙が流れ落ちている部分の毛は涙で常にぬれているのが特徴で、その部分は茶褐色に変色してしまうこともあるのです。
猫の涙目の原因は角膜炎、結膜炎、急性緑内障など目の病気が原因になっていることもありますが、それ以外にも、ガスが原因であったり、煙が原因であることもあります。
刺激が原因で結膜、角膜が刺激されて涙の分泌量が増えてしまって発症するのです。

他にも猫によっては先天的、後天的な炎症などがあり発症することもありますし、感染症などが原因で起きることもあります。涙小管、鼻涙管など、涙を鼻の奥に排出する器官が狭くなり、そして詰まったりして、涙がうまく排出されず行き場にこまり目頭からあふれて出ている可能性があります。

原因も症状も色々でうすが、目から涙があふれ出ていますし、毛も変色していくので、飼い主はきっとすぐに気が付くと思います。
猫の目から涙があふれ出ている症状を見たら早めに病院に連れて行くようにしましょう。
毛が茶褐色になってからではかなり進行している可能性が高いでしょう。