猫(角膜炎)原因と症状

ほんとはどうなの?猫の角膜炎の原因と症状

猫の目の病気の一つ、角膜炎を紹介したいと思います。
角膜炎は目がかゆかったり痛がったりするのが症状の特徴の一つです。
目やにが出たり、涙目になったりするのが特徴です。
角膜炎になってしまうと、目がかゆくなりますから、猫が目をかゆがっていたり、痛がっていたりするので飼い主は気が付くでしょう。

また涙がよく出るようになる、目やにがよく出るようになる、光を見るとまぶしがるなどの症状もありますし、まぶたが痙攣してしまう猫もいます。
角膜炎が進めば、角膜が白くにごってきます。
角膜の表面に、細かい血管が入る血管新生という状態になることもあります。
角膜炎が進行して重度になってしまった場合には角膜潰瘍になってしまったり、角膜に穴があいてしまうこともありますから、放置することは危険です。

角膜炎はほこりが目に入ること、目を強くこすってしまったことなどが原因で、角膜に物理的に刺激がくわえられることが原因で発症するといわれています。
また真菌などの菌が感染してしまったことで炎症が起きてしまいます。

猫を複数飼っている、外で飼っている場合には、猫同士でけんかをしたり、事故によって傷がついたことが原因で角膜炎になることもあります。
結膜炎になっていてその炎症が悪化して、角膜炎になることもあるのでその原因は猫によって違います。