猫(巨大食道症)原因と症状

ほんとはどうなの?猫の巨大食道症の原因と症状

猫の巨大食道症とは食道拡張症とも言われている病気です。

食べた物をすぐに吐いてしまう症状が特徴です。

巨大食道症になると、食道の蠕動運動、つまり食べた物を胃に送るために食道の筋肉後動いたりする力が低下してしまいますから、食べたものや液体を食道から胃に送ることができません。

胃へ送ることが出来なくなれば食道の拡張している部分にそれが蓄積されてしまって、きかっけがあるとコポっと吐いてしまうのです。

吐出という症状なのですが、嘔吐とは違う症状でお腹を苦しそうにしているということはなくて、食べ物が胃まで行っていませんから、消化されない状態で、そのまま吐き出されるような形ですから嘔吐とは違っているのです。

とはいえ症状が悪化すればだんだん嘔吐になることもあります。

吐出と嘔吐が続けば食べることが出来なくなりますから、子猫の場合には発育不良になりますし大人の猫でもみるみるうちに体重が減ってしまい衰弱が目立ってしまいます。

原因によって違いはありますが、何も飲み込めない状態になりよだれを垂れ流し状態になってしまうこともあります。

なぜこの症状が起きるのか、それは先天性の場合もありますし、後天性の場合もありますから原因ははっきりとはわかっていないのが特徴です。

【PR】
和歌山県の遺品整理なら、和歌山 遺品整理にお任せください。