猫(肛門炎症)原因と症状

ほんとはどうなの?猫の肛門炎症の原因と症状

猫の肛門の炎症ですが、これは肛門嚢と呼ばれている場所がありますが、この部分に炎症が起きてしまう病気です。

肛門嚢のある場所は肛門のすぐ近くですが、においのある分泌液を作っている場所です。

犬と猫を比べると猫のほうが発症しにくいとされているのですが、まったく発症しないというわけでもなく、猫でも発症する病気です。

肛門嚢に、ウイルスや細菌がはいって、感染してしまい膿汁がたまったことでこの病気になります。

肛門嚢炎になった場合には、猫の様子を見ていると肛門をしきりになめていたり、お尻を床にこすり付けたりして、お尻や肛門が気になるような感じです。

炎症が広がって進行していけば痛みも伴いますから、お尻の周りを触ろうとすると嫌がったり怒ったりします。

更に炎症がひどくなれば、熱も出ますし、元気もなくなってきて食欲もなくなります。

痛みの具合によっては排便することが出来なくなり猫の便秘につながります。

肛門嚢の分泌口から細菌が入ったことで感染すると海がたまってしまい肛門嚢膿瘍に発展することになります。

そして飼い主が発見するのを遅くしてしまったことから肛門の近くに穴が開いて膿が出てきたりすることもありますから早めの発見が必要な病気です。


【PR】
可愛い猫ちゃんが肛門炎症を起こさないように、日頃からストレス解消をさせてあげてください。

色んなストレス解消法がありますが、やはり一番いいのが「掃除」です。

周りがきれいになっていると、ストレスをためにくいですよ。

自分でやってもいいですし、掃除が大変だったり時間がなかったら宮崎片付けレスキューなどの業者さんに依頼してもいいかもしれません。