猫(気管支炎)原因と症状

ほんとはどうなの?猫の気管支炎の原因と症状

ネコの気管支炎は原因はウイルスに感染していることが一番です。
気管支炎になったかどうかと言うのはどうすれば判断することが出来るのかと言うと、ネコが変な空咳をしていたりする場合には気管支炎を疑うといいでしょう。
また熱を測ってみたところ、発熱をしていると言う場合には注意が必要です。
熱があって、空咳をしていて、そして元気がないという場合には、気管支炎になっている可能性が高いでしょう。

場合によっては症状が悪化して、胸の周辺が痛んでしまうと言うケースもあります。
その場合には、胸の周辺を人間に触られたりするのを極度に嫌がる可能性がありますから、その辺もよく見ておくといいでしょう。

ウイルスに感染してしまったことが原因で気管支炎になりますが、風邪を引いているのと同じような状態です。
人間も軽い症状で放置しておいたことで悪化すると言うことはよくありますから、ネコも同じです。
おかしな咳をしているなあと思ったら、放っておかずに早めに、治療するために病院へ連れて行くようにしましょう。
原因はウイルスですから病院で治療を受ければすぐによくなりますが、そのまま放っておくと悪化してこじらせることもあるので気をつけましょう。