猫(やけど)原因と症状

ほんとはどうなの?猫のやけどの原因と症状

猫の火傷はストーブの上にあやまって飛び降りてしまったとか、ポットを倒してしまったなどの事故が原因で起きることが多いでしょう。
またはお湯をかけられたり薬品をかけられたといった故意にされたものなど原因は色々とあります。
症状にもよりますが、軽い火傷だった場合には患部が少し赤くなる程度で済むので、この段階ですぐに処置をしておけば、2-3日もすれば自然に治癒すると思います。

しかし重症の火傷になると、患部の皮膚には水泡ができてしまったり、皮膚の表面がはがれていることもあります。
その原因は冬にストーブに触ったとか熱湯をかぶったなど室内での事故がとても多いとされていますから、猫を室内で飼っている飼い主は、こうしたもので猫が火傷をしないように、徹底して管理しておくことが大切です。

猫の火傷も人間の火傷と同様にして、場合によっては死にいたるケースもありますし、歩くことができなくなったりすることもあります。
早めに治療をしてあげないと痛みも強く現れてかわいそうですから、飼い主は早めの治療が大切です。
人為的に薬品などをかけられてただれがひどい、症状がひどい場合には、早めに病院に連れて行くようにしましょう。
命にかかわりますので危険です。