猫(交通事故)原因と症状

ほんとはどうなの?猫の交通事故の原因と症状

猫の交通事故は犬、人の事故と比較すると、視界が狭くて、獲物に集中しやすい猫の性格上発生しやすいといってもいいでしょう。
ですから車が接近してもあまり気が付かず遅れてしまいがちです。
そして車に恐怖心を持って立ち止まってしまうことが、事故につながってしまいやすいのです。

冬などは車のエンジンが暖かいので、猫は寒い日には車のしたや上にいることが多いですから、事故がおきやすく他の季節に比べると確率も高くなるのです。
猫の事故の症状としては事故直後に、はっきりと外傷があるというケースもあれば、外傷は特になくて、はっきりとした症状が無いこともあります。

この場合、実は頭部を打っていたりして、後日後遺症が出てきたりすることもあります。
事故に遭った場合に、その時は目に見えた症状が無かったとしても、後から症状画現れてくることもありますから、観察しておきましょう。

外であまり経験したことが無い若い猫は繁殖期に雌を求めて移動して雄が事故に遭うことも多いので注意してあげましょう。
意外と猫の事故というのは頻繁に起きていて、犬以上に猫の交通事故は多いので、飼い主は特に気をつけましょう。
外で放し飼いをしている場合には気をつけることが必要です。