猫(骨折)原因と症状

ほんとはどうなの?猫の骨折の原因と症状

猫の骨折についてですが、骨折した場所によって現れる症状は違っています。
ほとんどのケースで骨折した周りが腫れてきたり、痛がったりするので猫が骨折をしていることは飼い主は気が付くと思います。

骨折をした猫は痛いですから動くのを嫌がったり、骨折をしている場所をかばったりするようになります。
あまりにも痛みがひどいという場合には元気がなくなりますし、食欲もなくなってしまいます。
見た目にわからないケースもありますが、重度野場合には折れた骨が体野中から飛び出して皮膚を突き刺して避けてしまっている開放骨折になっていることもあり、その場合出血もあります。
こうした重度の骨折の場合には放っておくとショック死してしまったり、感染症を起こすことにもつながりますから注意しましょう。

猫の骨折の原因は色々と考えられますが、足の骨折以外にも、交通事故野場合には肋骨の骨折や脊椎の骨折などもあるでしょう。
また骨盤骨折、落下事故を起こした場合には、頭部の骨折や顎の骨折もありえます。

交通事故や落下した場合には骨折だけですめばいですが、骨折以外にも神経を損傷していたり内蔵を損傷していることもあります。
骨折をしているかもしれないと思ったら、早めに病院に連れて行きましょう。