猫(外傷)原因と症状

ほんとはどうなの?猫の外傷の原因と症状

猫の外傷や怪我の症状は猫によっても違っていますが、一番の原因はケンカといわれています。
猫同士のケンカが原因で発症しているといわれています。
ケンカによって出来た怪我は見た目にはそれほどたいしたことが無いと思われがちですし、小さい傷で深くなっていることがありますが、見た目にわからないので注意が必要です。
小さい傷であっても実は見えている部分は小さくても深く傷ついていることもあるのです。

猫のオス同士がけんかをしたり、縄張り争い、発情期にメスを取り合ったりするケンカなどで発症することが多いですから、去勢をしていないオス猫は怪我をする確率はとても高いです。

猫の習性動作によって交通事故で怪我をする事もあります。
交通事故は頭部の外傷や内臓の外傷、脊椎や骨折の脊椎損傷、骨盤骨折などの末梢神経の損傷、意識障害、他の臓器損傷といった出血性ショックなどの様々な症状を併発することもあります。
見た目にたいしたことが無い傷で怪我をしていても平気だと思っていても、実は内臓破裂しているなど重傷を負っていることもありますから、飼い主は怪我をしたことを知っているのであれば、一度病院にいったほうがいいでしょう。
後で急変して命取りになることもあるのです。