猫(上皮小体異常)原因と症状

ほんとはどうなの?猫の上皮小体異常の原因と症状

猫の上皮小体の異常についてここでは考えていきましょう。
症状の最初におきることとしては、動作やしぐさが普段と違って見えるので、おかしいと感じるでしょう。
この病気が悪化して進行していくと、全身に痛みを感じることになりますから、猫は触られたり、抱っこされたりすることを拒否して嫌がってきます。

この症状になると骨が変形してしまったり、骨折する恐れもありますし様々な症状画現れてくるでしょう。
なぜ上皮小体がおきるのか、その原因は食事に十分なカルシウムが不足していることから発症すると思われます。
カルシウム不足になると上皮小体に異常が出るというわけですね。

猫の骨を作るのに欠かせないカルシウムですが、栄養素の中でもとても重要な栄養素です。
猫が食べ物によってカルシウムを十分必要量を摂取しなければ、不足していき、その結果クル病になったり、骨が正しく成長しなくなったりします。
その一方でカルシウムが不足したことで首の近くにある上皮小体という場所があるのですが、その場所が異常に活発に働いてしまうという症状も現れます。

カルシウムなどの必要な栄養素をバランスよく摂取させることが大切です。
市販のキャットフードなどを食べていれば不足することはあまり無いでしょう。