猫(イエローファット)原因と症状

ほんとはどうなの?猫のイエローファットの原因と症状

猫の病気の一つにイエローファットと呼ばれる病気があります。
これは脂肪組織炎なのですが、脂肪組織が炎症を起こしている状態を言います。
こうなると熱が出たり、全身に痛みを伴ったり、自然に食欲が低下してしまい元気もなくなります。

今まで活発に動いていたと思った猫が活発に動かなくなり、体を触られると過剰に反応したり嫌がったりします。
病気が進めば皮下脂肪の部分に、ちょっとゴツ目の硬いしこりが見られるようになりますし、おなかにもしこりを感じることもあります。

なぜイエローファットはおきるのか、その原因は栄養不良が原因で起きるといわれています。
抗酸化剤として機能しているはずのビタミンEが不足している場合におきやすく、マグロ、カツオ、アジといった青さかなの中に含まれている府飽和脂肪酸を過剰摂取することが脂肪の壊死の原因になっていて過酸化物質が体の中で作られてしまって脂肪組織炎が発症してしまうのです。

最近の市販されているキャットフードには抗酸化剤が入っているようになっているのであまり発症率は高くない病気です。
しかしこの病気は他の感染症、炎症性疾患、腫瘍などがある人は二次的に発症することもありますから注意が必要です。