猫(クル病)原因と症状

ほんとはどうなの?猫のクル病の原因と症状

猫のクル病は食事が原因で発症してしまいます。
食事中に含まれるカルシウムやリン、ビタミンDなどが不足したり、不均等でバランスが取れていない場合や、また代謝障害が起きていて骨が軟化してしまっていることが原因で発症しています。

猫の中でも発育中の猫に多発症されて、骨の石灰化が起こらない症状をクル病といいます。
骨形式が完了している大人の猫の骨に脱灰が起こって骨の軟化が見られるという場合にはクル病ではなくて、骨軟化症といっています。
慢性の消火器障害、寄生虫症、また日光浴が不足している場合でも原因になりやすいです。
症状としては関節に痛みがあったり、関節が腫れたりする症状が多く、猫はこれによって運動することを嫌がって動かなくなったり、歩き方もおかしい場合もあります。

立つ姿勢もだんだん変形してしまって、肋骨と肋軟骨の結合部分が腫れてしまうこともあります。
猫のクル病は意外と発症率が高い病気でもありますから、飼い主は早めに気が付いて治療を受けるように病院へ連れて行く必要があります。
クル病は栄養系の病気なので栄養バランスの良い食事をさせれば改善することは可能です。
栄養バランスの良い食事をさせるように心がけることが大切です。