猫(ビタミンA欠乏症)原因と症状

ほんとはどうなの?猫のビタミンA欠乏症の原因と症状

猫のビタミンA欠乏症は過剰症の反対でビタミンAが欠乏していることで発症してしまう病気です。
バランスの良い食事を食べていれば防ぐことが出来るのですが、栄養バランスが偏っていたり、食事の内容があまりよくないという場合に発症してしまいます。
ビタミンAが不足してしまった猫というのはどんな症状が現れるのかといえば、ふけがでやすい、皮膚が乾燥しているなどの症状が現れます。

猫は人間みたいに野菜などのベータカロチンをビタミンAに変換することが出来ないので、動物性の食物から摂取していかなくてはいけません。
栄養バランスの良い食事をしていれば猫がビタミンA欠乏症になるということは穂トンdのありませんが、キャットフードを与えず、人間と同じ物を食べていたり、飼い主が手作りで食事を与えているような家庭では猫の栄養バランスが偏ってしまうこともあるでしょう。

猫の観察をして皮膚が乾燥している際に、あまりにも激しい乾燥状態で、ふけが激しく出ているという場合にはビタミンA欠乏症を疑ったほうがいいでしょう。
早めに治療をして食べる内容を改善すれば、すぐに猫の状態もよくなりますし、命にかかわるようなことは一切ありませんから気にする必要は無いのです。