猫(巨大結腸症)原因と症状

ほんとはどうなの?猫の巨大結腸症の原因と症状

巨大結腸症は張の壁の神経が以上になり働かない病気です。
そのために腸がきちんと役割を果たすことが出来ませんから、しぼんだままの状態になります。口側の腸が張るという症状があります。

特に年老いたネコや弱っている状態のネコ、毛が生え変わる時期の長い毛のネコによく見られる症状です。
食べ物や住んでいる場所の環境によってストレスが加わったり、間違って誤飲したものが、神経障害を引き起こすことが原因です。

体の中で何回も排便することを試みるのですが、便で出すことが出来ず、便秘にもつながります。
先天的な障害が多いので、生まれつき巨大結腸症にかかっていることが多いでしょう。偉大結腸症は長期で便秘になってしまうこともあります。

結腸の弾力性もなくなり、太くなって異常になります。自己によって骨盤搾取になったり上皮体機能亢進症によって骨盤の発育がしっかりと行なわれない場合に途中経過として引き起こされることもあります。
排便しそうで姿勢をとっても粘膜が出たり、やわらかい便が出るだけで、ただの下痢と間違えてしまこともあります。他の病気と間違えないようにしなければいけません。

力を入れたときに嘔吐してしまうこともあるので注意しましょう。お腹を触るとお腹に糞の塊を触ることも出来るのが特徴です。