猫(ビタミンA過剰症)原因と症状

ほんとはどうなの?猫のビタミンA過剰症の原因と症状

猫のビタミンA過剰症は食生活によって発症する猫の病気です。
栄養性の病気の一つですが、魚をメインにして食べさせている猫の場合にはそれほど発症率は高くありませんが、肉類をメインにして普段から食事をしているという猫の場合には発症率が高いので気をつける必要があります。

どんな症状が現れるのかといえば、ほとんどのケースで脊椎が変形してしまうケースが見られます。
また体が硬直して、猫は動けなくなり横になったまま動かない状態が続くでしょう。
どんな場合でも、ビタミンA過剰症になったばあいには痛みが現れますから猫は元気がなくなり、そして食事も食べられなくなるような状態が進みます。

これは栄養バランスがよくない食事をしていることが原因で発症していますから、飼い主が与える食事に原因があるといってもいいでしょう。
ですから、ビタミンAが過剰に摂取しすぎないように、猫の食事には気をつける必要がありますし、猫がそれほどまで症状が現れないうちに、対処しなければいけません。
猫のビタミンA過剰症は食生活によって発症してしまいますから、いわば飼い主が予防しようと思えば可能な病気なのです。
ですから日々の食生活には十分に注意していきましょう。