猫(まぶたの怪我)原因と症状

ほんとはどうなの?猫のまぶたの怪我の原因と症状

猫のまぶたの怪我についてですが、猫は色々な原因によって、意外とまぶたに怪我をする事が多いのです。
目だつ場合には打撲でまぶたを怪我していたり、他の猫に噛まれてしまったりして、まぶたを怪我するケースも少なくありません。
まぶたに軽い怪我をしたときには、それほど重症になりませんし、皮下出血をして腫れてくる程度かもしれません。

ほとんどのまぶたの怪我が皮膚が切れてしまって出血するような形です。
色々な原因で猫によってまぶたの怪我を作ってくると思いますから、飼い主は猫の体を見てけんかをしていないか、怪我をしていないかなどチェックすると思いますが、それだけでなくまぶたなどの顔の部位も怪我をしてないか確認しておきましょう。

軽いまぶたの怪我程度なら自然になることもありますが、重度になったり、出血をしているという場合には、まぶた表面の怪我だけでなく、もしかすると出血を伴っている原因が眼球も傷ついていることもありますからかなり痛みも強く、猫自身も痛がる恐れがあります。
重度の場合に放置しておけば、失明してしまうこともありますから、早めに病院に連れて行って治療をするようにしましょう。
猫はケンカだけでなく飛び降りたりしてもまぶたに怪我をする事もあります。