猫(瞬膜の突出)原因と症状

ほんとはどうなの?猫の瞬膜の突出の原因と症状

猫の目の病気の一つ瞬膜の突出の症状や原因をここでは見ていきます。
猫の目を見てみるとわかるのですがまつげが上にしかないことがわかります。
しかし猫はまつげが上にしかない代わりに、目頭よりのまぶたの内側に、瞬膜という薄い膜があるのがわかりますでしょうか。
これは猫の第3のまぶたとも言われているのです。

日ごろは目頭、目じりの奥のほうに少しだけ見えているだけですから、それほどわからないのですが、まぶたを閉じたら同時に左右から、瞬膜は出てきて目を覆うような形になっています。
この瞬膜の働きは眼球を保護する働きをしているのです。

しかしこれが何か原因があって、目頭から眼球の上のほうまでいつも露出して突出しているような状態になるのが瞬膜の露出と呼ばれる状態です。
瞬幕が充血していて、晴れて炎症を起こすケースもありますし、瞬膜はリンパ組織が集まっていますから、リンパが腫れてしまうこともあります。

瞬膜炎を起こして瞬膜が突出してしまい眼球のほとんどが覆いかぶさってしまっていることもあるのです。
なぜこのようなことがおきるのか、原因はよくわかっていませんが、寄生虫、精神作用なども関連性が高いといわれてます。
片目だけのときには異物が目に入ってしまったのが原因とされています。