猫(進行性網膜萎縮)原因と症状

ほんとはどうなの?猫の進行性網膜萎縮の原因と症状

ネコの進行性網膜萎縮の症状などについてここでは見ていきます。
網膜が萎縮してしまうと、視力障害が起きてしまい、動体視力も低下します。
眼底にある光を察知する部分に異常が落ちてしまい、病気で初期野状態の場合には、視力障害はあまり起きません。

症状が進行すれば、夜間に視力障害が出て動いているものが見えなくなってしまったりしますし、更に進行すれば夜だけ出なく昼間も光に対しての反応が鈍くなるのが特徴です。
末期になれば瞳孔は開いたままで視力もどんどん失われます。
網膜萎縮は先天性のケースと後天性のケースがあります。

ネコが発症する場合にはほとんどのケースで先天性のものは無いといわれているので後天性が主流です。
後天性は栄養不足やタウリン欠乏が原因とされてます。
タウリンなどの栄養不足が原因でネコの網膜萎縮が起きているという場合には栄養バランスの良い食事をしっかりと与えてやることが大切です。

ネコの進行性網膜萎縮の症状は色々とありますが目の病気ですから何かと大変なことが多くネコが自由に動き回れなくなってしまいます。
早めに対処しなければネコが怪我をしたりする原因にもつながるので早めに病院へ行って病気を治すようにしましょう。