猫(涙目)原因と症状

ほんとはどうなの?猫の涙目の原因と症状

ネコの目の病気の一つに涙目があります。
これは涙が目頭からあふれ出る病気です。
ですから涙が流れ落ちる部分で、涙が触れる部分は常にぬれているのが現状です。
その部分の毛は茶褐色になります。
涙目の原因はネコによっても違ってます。

例えば角膜炎、結膜炎、急性緑内障にかかってしまったことが原因で起きるというケースもありますし、ガス、煙など、なにか目に刺激が与えられてそれによって発症することもあります。
刺激が与えられて結膜、角膜が刺激されて涙の分泌量が増えるので涙目になります。
先天性のケースもあれば後天性のケースもあり、感染症、炎症などが原因で起きることもあります。
涙小管、鼻涙管など涙を鼻の奥に出す器官が狭くなることや詰まることが原因で、涙が排出されなくなったことから目頭からあふれてくるとも言われています。

ネコの目を見て入れば涙が常に流れていますから気が付くと思いますが、なかなか涙目という病気になっているということがわからない飼い主もいます。
ただ涙が出ているのではなくて、これはちゃんとした目の病気ですから、早めに対処して病院で治療を受けたほうがいいでしょう。
悪化すると炎症がひどくなって治療に更に時間がかかることにつながります。