猫(角膜炎)原因と症状

ほんとはどうなの?猫の角膜炎の原因と症状

ネコの角膜炎は発症すると、目がかゆくなったり痛みを感じたり、涙を流したりするようになります。
目やにが出ることもありますし、光をみるとまぶしいと感じるようになります。
場合によってはまぶたが痙攣していることもあるので注意しましょう。
角膜炎は症状が進めば、角膜が白くにごってしまったり、角膜の表面にある細かい欠陥が進入してしまうという血管新生と呼ばれる症状になります。

角膜炎が進行しすぎて重度になった場合には角膜潰瘍になったり、角膜に穴が開くなどの目の症状が現れますから本当に注意が必要です。
ネコの角膜炎は何が原因で発症するのでしょうか。

それは埃が目に入った、目を強くこすったことなどが原因といわれていますし、角膜に何か物理的刺激が加わることが原因といわれています。
細菌、ウイルス、真菌といったものが角膜に感染しても発症しますから、何らかの炎症が角膜に起きたことによって病気が起きるのです。

特にネコを多数飼育しているという場合にはネコがけんかをしたり、事故を起こしたりして、角膜が傷ついて角膜炎になることもよくあります。
結膜炎から炎症が広がって角膜炎になることもありますし、まぶたの異常から角膜炎にあることもあります。