猫(結膜炎)原因と症状

ほんとはどうなの?猫の結膜炎の原因と症状

ネコの目の病気の一つ、結膜炎についてです。
結膜炎は発症すれば結膜が充血して赤く腫れてしまい、場合によってはかゆみを伴ってしまうこともありますし、かゆみだけでなく痛みを伴うこともあります。
目を前足でこするようなし草も見られます。
涙を流しているので目の周りがぬれていたり、悪化している場合には目やにが出て目の周辺が汚れたりするのが特徴です。
まぶたがくっついて目が開かなくなってしまったりするような症状が見られる猫もいますから注意しましょう。
結膜炎は単独で発症することもあれば、角膜炎も一緒に併発することもあります。
両方一緒に併発している場合には涙の量がかなり増えて痛みが出ますから目がしょぼついたり、頻繁にこするといったしぐさを見せることもあります。

ヘルペスウイルスに感染して呼吸器感染症を引き起こし、結膜炎を発症しているというときは目の症状以外にも、くしゃみ、鼻水などの呼吸器症状も一緒に見られることもあります。

結膜炎にかかる主な原因はネコが風邪を引いたり、カリシウイルス、ウイルス性呼吸器感染症になる場合、ヘルペス、クラミジア、マイコプラズマ感染などが原因で起きているケースがとても多いです。
他にも目にゴミが入ったり埃が入ったりして発症することもありますし、アレルギーが原因のこともあります。