猫(直腸脱)原因と症状


猫の直腸脱 原因と症状【猫の胃・腸】

ほんとはどうなの?猫の直腸脱の原因と症状

ネコの直腸脱腸というのは、腸の一部分が肛門から体の外に出てしまうという病気です。
脱出してしまった腸というのは、一度出てしまうと、自分ではもうどうすることも出来なくなってしまいます。
そしてその腸は時間がたてばたつほど乾燥が激しくなってしまうのです。

乾燥した後、その腸はどうなるのかというと、早めに手を加えなければその部分は壊死してしまう可能性が高いのです。
ですから、早めに整復処置をしなければ手遅れになってしまいます。
もし腸が出てしまっているというのを発見した場合には早めに対処するようにしましょう。
そして対処法としては乾燥しないようにするためにも湿らせておく必要があります。

湿らせた状態で、早く病院へ連れて行きましょう。
そうすれば大事にはいたらないと思いますし、手術をすれば症状も落ち着きます。
早く発見して対処できて、病院に連れて行ってあげることが出来るかということがポイントになってきますから、早めに異変に気が付いてあげないといけないかもしれません。
飼い主は、異変に気が付き、腸が出ているのを確認したらすぐに冷やすようにしてあげてください。
早めに対処すれば病院へ行っても大事にはいたらないと思いますから、早めの対処が重要なポイントです。

胃・腸 猫の直腸脱一覧

猫の病気一覧

「猫の直腸脱 原因と症状【猫の胃・腸】」について

猫の直腸脱 原因と症状を知りたい方はこちら。【猫の胃・腸】に掲載しています。

Copyright (C) 2011 - 2015 猫の病気情報センター All Rights Reserved.