猫(好酸球性肉芽腫症候群)原因と症状


猫の好酸球性肉芽腫症候群 原因と症状【猫の皮膚】

ほんとはどうなの?猫の好酸球性肉芽腫症候群の原因と症状

猫の好酸性肉芽腫症候群は特定の猫にだけ発症する病気です。
病気の部分に白血球の種類の一つ好酸球という細胞がたくさん見られる肉芽腫が出来ることが原因です。
この病気は3つの種類があるのですが、それぞれに症状は違っています。
無痛性潰瘍、好酸球性プラークなどがありますが、それぞれに症状が大きく違っています。
無痛潰瘍性のタイプは上唇や上の顎に出来やすい赤褐色をしていて光沢があります。
境目がよくわかりませんが真ん中の部分はへこんでいて壊死しているというケースもあります。
出血を伴うこともありますが、見た目はとても痛々しく見えますが、無痛性といわれているだけに、無痛のことが多く雌の猫に多く発症しやすいです。
好酸球性プラークはおなかの内側やわきの下、首、指の間に病気の症状画見られる病気です。
かゆみがあったり毛が抜けたり、皮膚が赤くなったりします。

好酸球性肉芽腫は、太ももの後ろやおなかの横、前足の外側に病気の症状が出るケースと、口の中に出るケースがあります。
発症する年齢的には生後半年から、1歳くらいの年齢に見られることが多いです。
口の中に出来てしまうと食べ物が食べにくいということもありますから、食欲低下などの症状が見られるケースもあります。

皮膚 猫の好酸球性肉芽腫症候群一覧

猫の病気一覧

「猫の好酸球性肉芽腫症候群 原因と症状【猫の皮膚】」について

猫の好酸球性肉芽腫症候群 原因と症状を知りたい方はこちら。【猫の皮膚】に掲載しています。

Copyright (C) 2011 - 2015 猫の病気情報センター All Rights Reserved.