猫(緑内障)原因と症状


猫の緑内障 原因と症状【猫の目】

ほんとはどうなの?猫の緑内障の原因と症状

緑内障は急性緑内障と慢性緑内障の二つに分けることができます。
急性緑内障は急激に眼圧が上がって目が充血してしまい、本当ならば明るい場所では細くなるべき瞳孔が常時開いたままになってしまうので、光を見るとまぶしいと思うようになります。
角膜浮腫の症状も見られて灰青色などになってしまいます。
目も痛みを感じますから頭を触られただけで嫌がったり、あまり元気がよくない、食欲が低下する、嘔吐してしまうなどの症状も見られます。

それに対して慢性緑内障の場合には、眼圧が少しずつ高くなるケースと急性緑内障が慢性化してしまった場合の二つがあります。
どちらも場合でも、眼球がだんだん大きくなり、角膜の内側にひびが入ったように見えるのが特徴です。
目の奥が光って見えたりするなどの症状もあります。
慢性でも急性野場合でも、眼圧が少しずつ上がって神経や網膜も圧迫されて失明してしまうことがあります。
他にも緑内障が原因で白内障になるケースもあります。

他の病気が原因で眼圧が上がることもあります。緑内障は眼圧が上がることで発症してしまいます。
早めに治療をしなければ失明にもつながりますからとても怖い症状でもあるのです。
目を痛がったりおかしいと思ったら早めに治療をしましょう。

目 猫の緑内障一覧

猫の病気一覧

「猫の緑内障 原因と症状【猫の目】」について

猫の緑内障 原因と症状を知りたい方はこちら。【猫の目】に掲載しています。

Copyright (C) 2011 - 2015 猫の病気情報センター All Rights Reserved.