猫(食道炎)原因と症状


猫の食道炎 原因と症状【猫の食道・肛門】

ほんとはどうなの?猫の食道炎の原因と症状

猫の食道炎はどのような症状なのでしょうか。
食道炎は何か原因があって食道に炎症が起きていることをいいます。
食べ物を飲み込んだりすると痛みが現れてしまいますから、食べられないとかはいてしまう、よだれが垂れ流しになったりします。
そのまま放置していると食道狭窄を一緒に併発することにつながります。

猫は食道に痛みを感じますから、食べたものが食道に触ると痛いので、すぐに吐き出します。
痛みが更に悪化すればつばすら飲み込めないですから、つばを何回も飲み込もうとしてみたり、つばを飲み込めずに垂れ流していたりするようになります。

痛みがひどいと食べ物は飲みませんし食べません。飲み込むときに泣き叫んでしまう猫もいるでしょう。
放置していると食欲は勿論水すら飲めなくなり、脱水症状や体重の減少などがおきて体力もなくなり弱っていきます。
吐出した物を間違って吸引してそれが肺に入って肺炎を起こすこともありますから注意が必要です。
猫によっては発熱、咳、呼吸困難になることもありますし、慢性化すれば巨大食道症の合併症も起こします。

猫は痛みのために食事をほとんど取らなくなりますから、飼い主は見ていてわかると思うので早めに対処してあげましょう。

食道・肛門 猫の食道炎一覧

猫の病気一覧

「猫の食道炎 原因と症状【猫の食道・肛門】」について

猫の食道炎 原因と症状を知りたい方はこちら。【猫の食道・肛門】に掲載しています。

Copyright (C) 2011 - 2015 猫の病気情報センター All Rights Reserved.