猫(緑内障)予防と治療方法

ほんとはどうなの?猫の緑内障の予防と治療方法

ネコの緑内障の治療ですが、眼圧を下げる治療をしていきます。
それだけでなく原因となっている病気の治療も同時進行で行ないます。
緑内障はまずが夏を下げて、視力障害がこれ以上進まないように抑えなければいけません。
すでに失明していて眼圧が上昇して痛みがある、それを押さえる目的に治療をします。

眼圧を下げるためには薬を飲んだり点眼薬を使う、内科的な治療をする事が多いですが、それ以外にも眼房水の水を他の部分に排出させる、眼房水の産生量を少なくするといった治療をしていきます。
すでに失明していてこれらの治療をしても痛みがあるという場合には眼球を摘出することになります。

そして義眼を入れたりすることになります。
ネコは他の原因から二次的に発症することも多くて、その原因も治療も一緒に行なうケースが多いです。
緑内障を予防することは難しいですが、初期の段階で治療を受けていれば、眼圧を下げることは可能です。
ですからネコの目の異常に早めに気が付いてやって、日ごろから目を観察して、早期発見と早期治療をするように心がけることが予防や進行を防ぐことになるのです。
緑内障は予防を完全に行なえませんが、早い段階で治療をしていれば十分治療できる可能性はあるのです。