猫(植物の中毒)予防と治療方法

ほんとはどうなの?猫の植物の中毒の予防と治療方法

植物を食べたことによる中毒についてですが治療法や対処法についてみていきましょう。
有毒な植物を食べたことによって起きる中毒の治療は胃洗浄をしたり、活性炭といった吸引剤、下剤を投与したりして、他に症状が現れている場合には、その症状に対しての治療をしていきます。
しかし粘膜に刺激が強い植物を食べたことによって中毒の症状が起きているという場合には吐くときに、もしかすると食道や口の中の粘膜をいためているようなこともありますから、はかせて治療をするという場合にはこちらにも十分気をつけなければいけないのです。

ネコがよく中毒を起こす可能性のある有毒植物をここで紹介しますから、しっかりと飼い主は把握しておいたほうがいいでしょう。
サクランボの種、桃の種、アンズの種、アジサイ、ブナ、ジンチョウゲ、アイリス、ロベリア、毒ニンジン、タバコ、ベラドンナ、ヒヨス、チョウセナサガオ、毒セリ、朝顔などがあります。
意外と家庭でも口に入れる可能性がある植物や種がありますから注意しましょう。
例えばモモを食べさせたり、サクランボを食べさせたりして、種を間違って食べてしまうと中毒になることもありますので知っておいたほうがいいでしょう。