猫(甲状腺機能亢進症)予防と治療方法

ほんとはどうなの?猫の甲状腺機能亢進症の予防と治療方法

ネコの甲状腺機能亢進症を治療するという場合には主な治療法として、内科療法、外科療法を行ないます。
内科療法を行なうという場合には、抗甲状腺薬剤を使って治療をすることがほとんどです。
外科療法の場合には腫れて大きくなってしまった甲状腺を切除する手術などを行ないます。
手術を行なう際にはネコに薬を投与して症状を安定させてから行なうことになります。

どうすればネコの甲状腺機能亢進症を予防することが出来るのでしょうか。
それは甲状腺機能亢進症は予防法は特に無いのです。
残念ながら予防法がありませんから予防のしようがありません。

中高年のネコに発症しやすいですから、もし甲状腺機能亢進症かもしれないということであれば、早めに対処するようにして病院で診察をしましょう。
予防する方法が無いということで発見も遅れやすい病気ではありますが、病院にいけば必ず治療法はありますから治りますので、しっかりと早めに飼い主として気が付いてやることが一番大切なことです。
しっかりと気が付くことが出来なければ意味がありません。
ネコに異常が見られたりちょっとおかしいなと思ったら早めに治療を行くようにしましょう。
病気を早期発見して治療することがネコにとって最善のことです。