猫(糖尿病)予防と治療方法

ほんとはどうなの?猫の糖尿病の予防と治療方法

ネコが糖尿病になる原因は色々とありますが、インスリンの精製が十分に出来ないことから起こるとされています。
インスリン非依存型糖尿病は肥満になったり、運動不足、肥満やストレスも原因で発症することもあります。

糖尿病を発症してしまった場合には治療法としては血糖値をコントロールして、治療を進めていきます。
ケトアシドーシスを併発してしまっているネコの場合には入院が必要ですし緊急で治療をしなければいけません。

血糖値に異常が見られる場合には急激に血糖値が上がらないようにするためにも、食事療法、経口血糖降下剤を使っていくことになります。
ストレスなどの改善をしたり、運動不足を解消しなければいけません。
ネコの糖尿病は必要なインスリンの量はネコによって違いますし、同じネコでも症状の現れ方によって違いがありますから、インスリンの量は定期的に検査を受けて何度もチェックしなければいけません。

かなり治療は長期的に続きますから病院と密に連絡を取っていくことになります。
ストレスや肥満を防いで、適切な食事を与えて、運動をさせることが予防につながります。
治療をするためには病院での治療だけではなく、家庭でも飼い主の努力によってストレスや肥満に気をつけるなど対処が必要です。