猫(クリプトコッカス症)予防と治療方法

ほんとはどうなの?猫のクリプトコッカス症の予防と治療方法

ネコがクリプトコッカス症にかかってしまったらどうすればいいのでしょうか。
抗真菌剤を投与するといった薬による治療をする事になります。
クリストコッカス症は薬を使った治療がメインですが呼吸器系に異常が出ていたり、皮膚に異常が見られるという場合や神経に異常があるという場合にはそれぞれに対しての対症療法もしていくことになります。

ネコがクリプトコッカス症にならないようにするためにはどうすればいいのでしょうか。
それは、クリプトコッカスは環境の中に常にたくさんいますから、予防を100パーセント徹底して行なうということは不可能に近いことになります。
ですから普段から常にネコの健康状態が大丈夫かどうか、周りは衛生環境が整っているかどうかなども考えておく必要があります。
感染する可能性が低ければ感染を予防することにもつながります。

ハトが媒介している真菌を吸い込んだことによって感染してしまいますから、外で放し飼いをしているということを避けて、室内で飼うことが予防法につながります。
ハトがよくいるような場所などにネコを行かせないことが大切なことです。
感染は未然に防ぐことが十分に可能ですからしっかりと予防するためにもネコの飼い方について考えてみましょう。