猫(急性腎不全)予防と治療方法

ほんとはどうなの?猫の急性腎不全の予防と治療方法

猫の急性腎不全の治療についてですが、症状が悪化する前に治療をしなければいけません。
急性腎不全は発症してから集中的に治療をする事で、完治する確率は高いでしょう。
ですが手遅れになるほど重症になってしまえばなかなか治療をする事が難しいのです。
具体的な治療法としては利尿剤を使ったり、点滴をしたり、透析治療をして、脱水や電解質のバランスを正常な状態に戻していきます。

そして尿毒症の物質を体の外に出す治療が行なわれていきます。
腎後性腎不全の場合には尿路閉塞を解除したり、損傷を治す為に手術をしなければいけないこともあります。

予防法としては急性腎不全を予防するためには腎不全の原因になるような、細菌の感染、尿路閉塞をこれ以上引き起こさないように小さい猫のうちにワクチンを受けさせること画大切です。
食事などの管理を徹底することも急性腎不全の予防につながります。
人間の味付けされている食べ物を与えると発症しやすいですし、清潔なトイレを用意しておくことなども予防法につながります。
ワクチンでは防ぐことが出来ない感染症にかからないようにするためにも、室内で飼うことや中毒にならないように拾い食いをやめさせることなども大切です。