猫(好酸球性肉芽腫症候群)予防と治療方法

ほんとはどうなの?猫の好酸球性肉芽腫症候群の予防と治療方法

猫が好酸球性腫症候群になった場合の治療方法ですが、原因が猫によっても違うと思います。その猫の原因にあわせた治療を行ないます。
例えば原因になっているアレルゲンを除去する治療をメインで行なっていきます。
原因の一つとしてアレルギーがかかわっていることもありますから、その場合にはアレルギーがなにか調べた上でアレルギーを除去する治療を行なうのです。

具体的な治療方法としては合成副腎皮質ホルモン剤を投与したり、免疫抑制剤などを投与するといった治療を行なうことがほとんどです。

またレーザーを使った治療をしたり猫によっては外科的な手術を行なう治療をするというケースもありますから色々です。
予防法についてですが猫に気になるような症状が現れているという場合には早めに病院に連れて行くことが大切です。
これといった予防方法が無いのです。
猫の皮膚、唇、口の中を日々観察してみて、何か異常があるような場合には早めに病院へ連れて行って治療をした方がいいでしょう。
ウイルスなどにかからないような環境で飼育をするということも一つの予防方法ではありますが、室内で徹底して飼育をするなど予防に努めることも大切です。