猫(トキソプラズマ症)予防と治療方法

ほんとはどうなの?猫のトキソプラズマ症の予防と治療方法

猫のトキソプラズマについてですが、生肉を食べたり、感染しているネコの便から寄生虫に感染してしまいます。

トキソプラズマ症は寄生虫に感染することでおきてしまいます。

感染している猫の便からでたトキソプラズマの卵が混じっている水を飲んでしまったり、グルーミングしたときにオーシストを口に間違って入れた場合には感染します。

土野の中や水の中で数ヶ月から数年もこの寄生虫は生存することがわかっていますから、ねずみや鳥などに感染してそうした動物を猫が捕らえて食べることで感染してしまうことになります。

母猫がトキソプラズマに感染していれば母子感染もありえます。

では治療方法はどうすればいいのでしょうか。

それはトキソプラズマ症は色々な抗菌薬を使った治療を進めていきます。

それと同時に下痢、発熱などの症状がある猫に対してはそれらの症状に対しての治療を同時に行なっていくことになります。

免疫力が低下してしまっている猫の場合には治療をしてもあまりよくない結果になることもあります。

予防法としては室内で飼うことを徹底すること、生の肉は与えないで十分に過熱することも大切です。

トキソプラズマのオーシストが含まれているかもしれない土には猫を触らせないことも予防法につながります。


【PR】
かわいい猫ちゃんがトキソプラズマにかからないように予防することは重要です。

寄生虫は特に注意ですね。
寄生虫は家が汚なかったら発生することもあります。

常に家を片付けておくことは大切なんですね。

どうしても自分で片付けられないような状況だったら広島片付けレスキューなどのサービスに依頼してもいいですよ。