猫(膿胸)予防と治療方法

ほんとはどうなの?猫の膿胸の予防と治療方法

猫の膿胸の治療方法ですが、治療方法としては膿がたまっているのでその海を取り出す処置をしたり、抗生物質を投与して治療をしていきます。
膿胸の治療は針を刺して中にたまっている膿を排出させる、酸素を吸入したりして呼吸困難の改善などを行ないます。
呼吸が落ち着いてきたら、チューブを入れて膿を排出して胸の中を洗浄していきます。
それと同時に原因になっている細菌に対しては抗生物質を投与して治療を行なっていきます。
猫によっては脱水症状を起こしている猫もいると思いますし、点滴やカロリーの高い食事を食べさせて命を維持するような治療法も行なわれていきます。

予防法としては色々な原因で発症しますから、これといった予防法はありませんが、事故やけんかをしたりすると発症しやすくなりますから、室内で飼うことが大切でしょう。
そして肺炎などの呼吸器の病気が見つかったら長引かないようにはやめに病院に連れて行って治療をしていくことも大切なことなので早めに発見してあげることも飼い主としては大切なことです。

発見したときには手遅れになっているというケースがとても多い病気でもありますから早めに発見してあげましょう。
熱があればぐったりとするので、元気が無いと思ったら早めの対処が必要です。