猫(フィラリア症)予防と治療方法

ほんとはどうなの?猫のフィラリア症の予防と治療方法

猫がフィラリアにかかってしまった場合の治療法についてここでは考えていきましょう。
フィラリアの治療法としては症状に対して行なう治療と、フィラリアの成虫を駆除するための治療があります。
フィラリア自体を駆除するという方法としては成虫駆虫薬を投与したり、外科的な知慮を行ないます。
この薬を投与することはフィラリアの寄生している数によっても量が違ってきますが、ネコの状態によってはアナフィラキシーショックといった合併症が表れることもありますから、あまり行なわれないのが通常です。
外科的な治療としては大静脈症候群に陥ったときには行なわれます。

猫のフィラリアの成虫を駆除するというのはそれ自体がとても難しいことですから、成虫を駆除するというよりは、どちらかといえば成虫が寄生してそれが原因で起きる炎症、咳を抑えるために、ステロイドや気管支拡張剤を使って治療をしていくということになります。
ほとんどのケースでフィラリアにかかってしまった場合には、そのまま入院をして治療をするということになります。
予防をする場合には感染しないように、定期的に検査をしてもらうなどの日々の予防が肝心です。
日ごろから飼い主は気をつけておきましょう。